ブーケの歴史を知ると、その大切さに気付かされます!自分にあったブーケを選ぼう

結婚式に欠かせないブーケの種類とその歴史

>

大切なブーケをいつまでも残しておきたい!

思い出にブーケを手作りしよう!

一生に一度の晴れの舞台だからこそ結婚式に気合を入れすぎて疲れてしまう人もいます。
あまり無理をせずに、知人や友人の力を借りるのも手だと思います。

式で使われるブーケも友人や家族に作ってもらう人が増えてきました。
記念になるものなので、世界に一つだけのブーケは嬉しいです。

勿論、手先の器用な人は是非自分でもブーケを作ってみましょう。
注文するよりも手作りの方が費用は安いです、ですが時間はかかってしまいます。

生花を使用する場合は、作成する期間なども考えなくてはいけないので大変かもしれませんが納得のいくブーケが出来るのは間違いなしです。

お花の種類や、ドレスのデザインに合わせた形のブーケを手作りしていくと最初は難しくて投げ出したい気持ちになりますが、完成した時は何倍も嬉しいと感じます。

式本番も、そのブーケを持って歩くと想像しただけでワクワクした気持ちになるはずです。

ブーケトスは今時はやらないの?

自分で選んだ大切なブーケをゲストの人に幸せのお裾分けと言う意味で昔からやっているブーケトスは、今時はやらない方向になっています。

最近は晩婚化が多くゲストの中にブーケトスの対象になる人がいない、又は結婚をしない女性も増えているのでブーケトスをする事で嫌な気持ちになる人もいると言う事です。
全くやらない訳ではないと思いますが、年々減っている傾向にあります。

それではブーケは式が終わった後はどうするのでしょうか。
人にあげる人もいますが大抵は自分で持ち帰ります。

生花なので早めに何か加工をしないと直ぐに枯れてしまいます。
根気が必要だけど自分で出来るもので、押し花やドライフラワーは人気があります。
ガラス板に挟んで部屋の飾りにするのもお洒落です。

プリザーブドフラワーは自分で作るのは少し難しいので、専門知識のある人に手伝ってもらうと良いと思います。
ブーケの形がそのまま残るのでおすすめです。


TOPへ戻る