ブーケの歴史を知ると、その大切さに気付かされます!自分にあったブーケを選ぼう

結婚式に欠かせないブーケの種類とその歴史

>

意外と知らない!結婚式で花嫁が使うものの意味とは何か

結婚式で使われるブーケの歴史

自分の結婚式や親戚・友人これまでに、いくつかの結婚式に出席してきましたが、どれも同じものはありません。

ウェディングドレスも着物も、何よりブーケや会場装飾などは花嫁さんにピッタリとあったものになっています。

その中でも一番個性が現れるのがブーケだと思います。
ブーケは色や形、他にも花の種類など選ぶ事は沢山あります。
日本の結婚式では着物が普通でしたが、様式が流行してからはブーケを手に持つ様になります。

それでは、結婚式で花嫁が持つブーケの意味やその歴史について調べてみましょう。
ブーケそのものに関しては、19世紀ヨーロッパでうまれました。
手に持つものではなく花嫁の頭につける花冠だったそうです。

花冠も素敵ですが、花嫁さんが手元にブーケを持っている方が華やかに感じます。
日本でブーケを持つようになったのは、戦後様式の結婚式が取り入れられるようになってからだと考えられます。

ブーケで使われる花の種類をご紹介

花嫁にとってブーケに使うお花選びは重要です。
それぞれ意味があり、けしてどれでもいいという訳ではありません。

結婚式でよく使用されるお花は、バラですがバラも色によって花言葉違うのでそれによってどんなブーケにしようか考えてもいいと思います。
基本的に赤やピンク、白や黄色などの明るい色が使われます。
花言葉も愛しているや信頼、上品、純潔など花嫁にふさわしいものが多いのも人気の一つです。

他にも、カサブランカやガーベラ、細身にウエディングドレスを選んだ人はカラーを持つ人もいます。
どれも花言葉だけではなく、見た目が華やかで結婚式に合う花ばかりです。

春夏秋冬で花を選ぶ方法もあります。
式を挙げる月に咲く花を使用するのも素敵です。
ゲストにプレゼントする場合や長い時間、同じブーケを使うのであれば花持ちのいい種類の花を選ぶと良いと思います。


TOPへ戻る