ブーケの歴史を知ると、その大切さに気付かされます!自分にあったブーケを選ぼう

結婚式に欠かせないブーケの種類とその歴史

意外と知らない!結婚式で花嫁が使うものの意味とは何か

綺麗なウエディングドレスとブーケは一番に目が止まります。 ドレスに合ったブーケは皆、それぞれ個性があって本当に素敵です。 どんなブーケにしようか考え始めると、意外と時間が掛かってしまうものです。 とても重要なブーケ、いつの頃から花嫁さんが持つようになったのでしょうか調べてみましょう。

迷う!自分に合ったブーケ選びの方法

ブーケの意味は男性がプロポーズをする為のものでした。 お花を贈られた女性は返事のかわりのブーケの中のお花を男性に一本渡すそうです。 そういった意味を知る事で、ブーケを大切に選びたいという気持ちが強くなります。 御祝の場所にはお花が良く似合います。 だからこそ、自分にあった素敵なブーケを使いたいです。

大切なブーケをいつまでも残しておきたい!

昔の時代と違いブーケは自分で持ち帰る人が増えています。 持って帰ったブーケも保存の方法一つでずっと残しておく事が出来ます。 部屋に飾りたいと考える人も多いので何かしらの加工をしなくてはいけません。 いつまでも、結婚式の思い出を忘れたくないと考えている人におすすめの保存方法をいくつかご紹介いたします。

花嫁が持つブーケの歴史について考えてみましょう

結婚式の準備はとても大変で時間もかかります。
ですが、色々な事も一つずつ自分たちが決めていくので楽しさもあります。
友人や家族にも助けてもらいながら、これから夫婦になる準備を結婚式という形で作り上げていくものだと感じています。

指輪や指輪ピロー、会場にきた方への新郎新婦のプロフィールボードなどは自分でつくる場合もありますが友人に手伝ってもらう事も出来ます。
式場選びやウェディングドレス等は絶対に自分たちが決めなくてはいけません。

そして花嫁が持つものでとても大切なブーケも忘れてはいけません。
ブーケはドレスのデザインに合わせたものや、会場の雰囲気にあった色を基本的に選ぶことになっています。

花嫁が持つブーケは、当たり前のように感じてしまっていて何故持つ必要があるのか、またいつの時代から持つようになったのか知っているようで意外と知らないものです。
ブーケに使われている花についても、きっと色々決まりがあるように感じます。
皆さんはどれくらい知っていますか。

様々な結婚式に参加してきましたが、同じブーケは見たことありません。
純白のウェディングドレスだからこそ、カラフルなブーケはとても素敵です。

他にも結婚する花嫁が当日に身につけるといいと言われている4つのものと言うのもありましたよね。
ブーケと同じで、結婚式には色々な歴史がありそうです。

何気なく参加している結婚式、同じ式は一つもありません、だからこそ夫婦にとっても大切な思い出になるのだと感じます。
これから式を挙げる人、もう式を何年も前に挙げた人など改めて結婚式で使われているものの歴史や意味について調べてみるのも良いと思います。
もしかしたら、意外な発見があるかもしれません。

TOPへ戻る